協同組合 京都府中小企業診断士会は、

京都府内に事務所を持つ中小企業診断士で構成する協同組合組織です。

◆中小企業診断士とは

中小企業診断士とは、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家を言います。
中小企業診断士は、中小企業支援法に基づいて経済産業大臣が登録する資格で、中小企業支援法では、次のように位置づけられています。
  1.中小企業者が経営資源を確保するための業務に従事する者
    (公的支援事業に限らず、民間で活躍する経営コンサルタント)
  2.業務は「経営の診断及び経営に関する助言」
  3.中小企業診断士試験は、法律上の国家資格

◆中小企業診断士の業務は

中小企業診断士の業務は、中小企業支援法で「経営の診断及び経営に関する助言」とされています。「現状分析をふまえた企業の成長戦略のアドバイス」が主な業務ですが、その知識と能力を活かして講演等幅広く活躍しています。

◆京都府中小企業診断士会とは

京都府内に事務所を持つ中小企業診断士で構成する協同組合組織です。

◆中小企業診断士の役割は

中小企業診断士は、まず企業の成長戦略の策定について専門的知識を持ってアドバイスします。また、策定した成長戦略を実行するにあたり、具体的な経営計画を立て、その実績やその後の経営環境の変化をふまえた支援も行います。
このため、中小企業診断士は、専門的知識の活用と共に、企業と行政のパイプ役、中小企業への施策の適切な活用支援まで、幅広い活動に対応できるような知識や能力が求められています。

◆協同組合の支援活動は

企業団体等の依頼に応じ、業種・領域・要望テーマに相応しいコンサルティング実績を有する中小企業診断士を派遣します。

◆活動方針は

時代の変化を正しく見極め、経営革新を強い意欲をもって行おうとする中小企業に、過去の経験の蓄積と最新の技術および情報を駆使し、誠意をもって最善の支援に努めます。

◆具体的な活動内容は

■マネジメントの改善・革新への取り組み ・経営革新のための支援とアドバイス
・起業、創業の支援
・経営戦略、中長期経営計画の策定支援
・組織の活性化及び人材活用・効率化支援
・経営システムのIT化支援
・その他経営全般の診断とアドバイス
■経営環境・市場調査 ・経営戦略に関する相談・アドバイス
・経営戦略策定のための環境・市場調査
・マーケティング戦略全般についての相談・支援
・国際規格(ISO、HACCPなど)の取得支援
・商店街、組合等調査
■セミナー・研修会の実施 ・IT活用セミナー
・経営者・管理者研修・セミナー
・創業者支援セミナー
・経営革新支援セミナー
・ISO推進セミナー
・職業能力開発セミナー
■業界団体を通じての体質改善・経営革新支援 ・協同組合参加のビジネス人材集合教育・研修
・業界調査と改善の方向付け並びにアドバイス
・協同組合等の経営改善支援
・個別協同組合対象IT活用セミナー
・機関誌・情報誌等への執筆支援


Copyright(c) 協同組合京都府中小企業診断士会 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com